月時館Tsukijikan ☆.。:*・゜ 『Moon Void 別館』

 †月の神秘と魅力に惹かれ月と戯むる†  月の満ち欠け・月の雑学・月暦・月の星座・月にまつわるエトセトラ...*

カテゴリ: ボイドタイム

psd







05a7b273

2017年のボイドタイム一覧


014



ボイドタイム開始 ボイドタイム終了

daiya-5
2017年1月のボイドタイム一覧


1月2日17:00 2日18:58 魚座
1月5日1:15 5日1:21 牡羊座
1月7日3:43 7日5:19 牡牛座
1月8日11:24 9日7:07 双子座
1月11日6:40 11日7:50 蟹座
1月12日20:35 13日9:09 獅子座
1月15日0:18 15日12:53 乙女座
1月17日15:11 17日20:17 天秤座
1月19日17:56 20日7:10 蠍座
1月22日10:25 22日19:46 射手座
1月25日2:34 25日7:44 山羊座
1月27日16:19 27日17:38 水瓶座
1月29日14:53 30日1:11 魚座

daiya-5
2017年2月のボイドタイム一覧

2月1日2:37 1日6:48 牡羊座
2月3日1:51 3日10:51 牡牛座
2月5日7:43 5日13:45 双子座
2月7日7:55 7日16:04 蟹座
2月9日7:01 9日18:42 獅子座
2月11日14:54 11日22:53 乙女座
2月13日21:38 14日5:44 天秤座
2月16日10:55 16日15:42 蠍座
2月18日4:39 19日3:53 射手座
2月21日8:38 21日16:09 山羊座
2月23日12:25 24日2:18 水瓶座
2月26日3:12 26日9:25 魚座
2月28日8:09 28日13:53 牡羊座

daiya-5
2017年3月のボイドタイム一覧

3月2日11:20 2日16:44 牡牛座
3月4日0:21 4日19:07 双子座
3月6日17:23 6日21:55 蟹座
3月9日0:00 9日1:47 獅子座
3月11日2:07 11日7:08 乙女座
3月13日11:37 13日14:29 天秤座
3月15日19:06 16日0:12 蠍座
3月18日6:58 18日12:01 射手座
3月20日19:29 21日0:32 山羊座
3月22日22:21 23日11:29水瓶座
3月25日14:57 25日19:08 魚座
3月27日19:20 27日23:12 牡羊座
3月29日21:08 30日0:49 牡牛座
3月31日8:13 4月1日1:41 双子座

daiya-5
2017年4月のボイドタイム一覧

3月31日8:13 1日1:41 双子座
4月2日23:44 3日3:28 蟹座
4月5日5:46 5日7:14 獅子座
4月7日9:17 7日13:21 乙女座
4月9日17:22 9日21:35 天秤座
4月12日3:20 12日7:43 蠍座
4月14日13:19 14日19:28 射手座
4月17日3:27 17日8:06 山羊座
4月19日18:58 19日19:53 水瓶座
4月22日3:24 22日4:44 魚座
4月24日6:35 24日9:34 牡羊座
4月26日6:54 26日10:57 牡牛座
4月28日10:20 28日10:40 双子座
4月30日6:29 30日10:49 蟹座

daiya-5
2017年5月のボイドタイム一覧

5月2日5:24 2日13:13 獅子座
5月4日13:37 4日18:48 乙女座
5月6日21:43 7日3:21 天秤座
5月9日8:00 9日14:02 蠍座
5月11日6:44 12日2:01 射手座
5月14日11:15 14日14:39 山羊座
5月16日19:23 17日2:51 水瓶座
5月19日9:34 19日12:53 魚座
5月21日12:40 21日19:12 牡羊座
5月23日16:00 23日21:34 牡牛座
5月25日4:09 25日21:16 双子座
5月27日15:19 27日20:26 蟹座
5月29日16:00 29日21:13 獅子座
5月31日20:15 6月1日1:17乙女座
 
daiya-5
2017年6月のボイドタイム一覧

5月31日20:15 1日1:17 乙女座
6月3日6:50 3日9:05 天秤座
6月5日17:58 5日19:47 蠍座
6月7日9:36 8日8:00 射手座
6月10日15:21 10日20:37 山羊座
6月13日3:46 13日8:46 水瓶座
6月15日14:41 15日19:19 魚座
6月17日20:34 18日2:56 牡羊座
6月20日4:43 20日6:54 牡牛座
6月21日13:26 22日7:45 双子座
6月24日3:47 24日7:08 蟹座
6月26日3:45 26日7:08 獅子座
6月28日6:13 28日9:42 乙女座
6月30日5:36 30日16:03 天秤座

0cb90af9-s







daiya-5
2017年7月のボイドタイム一覧

7月2日22:18 3日2:00 蠍座
7月5日10:35 5日14:09 射手座
7月7日23:13 8日2:46 山羊座
7月10日11:13 10日14:36 水瓶座
7月12日21:42 13日0:52 魚座
7月15日2:02 15日8:53 牡羊座
7月17日11:20 17日14:05 牡牛座
7月19日15:12 19日16:32 双子座
7月21日14:42 21日17:11 蟹座
7月23日15:06 23日17:35 獅子座
7月25日18:23 25日19:33 乙女座
7月27日15:32 28日0:38 天秤座
7月30日6:31 30日9:24 蠍座
7月31日20:11 1日21:02 射手座

daiya-5
2017年8月のボイドタイム一覧

7月31日20:11 1日21:02 射手座
8月4日6:40 4日9:38 山羊座
8月6日18:23 6日21:17 水瓶座
8月9日4:09 9日6:57 魚座
8月10日22:39 11日14:23 牡羊座
8月13日17:02 13日19:41 牡牛座
8月15日10:16 15日23:07 双子座
8月17日22:39 18日1:14 蟹座
8月20日0:18 20日2:56 獅子座
8月22日3:31 22日5:26 乙女座
8月24日5:03 24日10:06 天秤座
8月26日14:40 26日17:54 蠍座
8月28日18:39 29日4:49 射手座
8月31日13:43 31日17:20 山羊座

daiya-5
2017年9月のボイドタイム一覧

9月3日1:31 3日5:07 水瓶座
9月5日14:17 5日14:29 魚座
9月7日5:30 7日21:02 牡羊座
9月10日0:53 10日1:24 牡牛座
9月11日9:55 12日4:30 双子座
9月14日3:36 14日7:13 蟹座
9月16日6:24 16日10:10 獅子座
9月18日9:56 18日13:53 乙女座
9月20日14:31 20日19:07 天秤座
9月22日22:06 23日2:41 蠍座
9月24日16:34 25日13:02 射手座
9月27日20:09 28日1:25 山羊座
9月30日9:15 30日13:41 水瓶座
 
daiya-5
2017年10月のボイドタイム一覧

10月2日20:14 2日23:27 魚座
10月4日16:20 5日5:41 牡羊座
10月7日7:39 7日8:57 牡牛座
10月8日22:46 9日10:46 双子座
10月11日7:26 11日12:39 蟹座
10月13日13:01~ 13日15:42 獅子座
10月15日14:29~ 15日20:20 乙女座
10月17日20:28~ 18日2:36 天秤座
10月20日4:13 20日10:42 蠍座
10月22日20:36~ 22日20:58 射手座
10月25日1:46 25日9:13 山羊座
10月27日14:23~ 27日22:00 水瓶座
10月30日1:23 30日8:47 魚座

daiya-5
2017年11月のボイドタイム一覧

11月1日6:09 1日15:44 牡羊座
11月3日12:04 3日18:47 牡牛座
11月5日18:30 5日19:27 双子座
11月7日19:41 7日19:46 蟹座
11月9日14:15 9日21:30 獅子座
11月11日17:57~ 12日1:42 乙女座
11月14日0:46 14日8:27 天秤座
11月16日9:51 16日17:20 蠍座
11月18日20:43~ 19日4:00 射手座
11月21日9:28 21日16:15 山羊座
11月23日19:34~ 24日5:15 水瓶座
11月26日11:38~ 26日17:05 魚座
11月28日21:10~ 29日1:31 牡羊座

daiya-5
2017年12月のボイドタイム一覧

12月1日3:38 1日5:39 牡牛座
12月2日10:54 3日6:22 双子座
12月5日4:14 5日5:38 蟹座
12月7日2:57 7日5:38 獅子座
12月9日7:42 9日8:10 乙女座
12月11日12:04~ 11日14:02 天秤座
12月13日21:28~ 13日23:00 蠍座
12月15日10:43~ 16日10:08 射手座
12月18日22:11~ 18日22:35 山羊座
12月21日0:38 21日11:30 水瓶座
12月23日19:14~ 23日23:43 魚座
12月25日11:49~ 26日9:28 牡羊座
12月28日5:58 28日15:24 牡牛座
12月29日23:02~ 30日17:32 双子座
 

014
 

psd


05a7b273
2016年のボイドタイム一覧


014 



ボイドタイム開始 ボイドタイム終了

1月1日 14時33分 1月1日 15時40分
1月3日 01時23分 1月4日 04時35分
1月6日 02時47分 1月6日 15時55分
1月8日 11時44分 1月9日 00時06分
1月11日 02時39分 1月11日 05時22分
1月12日 10時09分 1月13日 08時53分
1月15日 01時31分 1月15日 11時48分
1月17日 08時26分 1月17日 14時48分
1月19日 15時49分 1月19日 18時12分
1月21日 17時00分 1月21日 22時27分
1月23日 15時20分 1月24日 04時20分
1月25日 11時51分 1月26日 12時45分
1月28日 09時10分 1月28日 23時59分
1月30日 10時34分 1月31日 12時50分

2月2日 09時35分 2月3日 00時49分
2月4日 19時03分 2月5日 09時43分
2月7日 00時53分 2月7日 14時58分
2月8日 23時38分 2月9日 17時31分
2月11日 13時24分 2月11日 18時54分
2月13日 19時32分 2月13日 20時35分
2月15日 19時53分 2月15日 23時34分
2月18日 01時36分 2月18日 04時23分
2月19日 23時35分 2月20日 11時17分
2月22日 10時16分 2月22日 20時24分
2月24日 23時22分 2月25日 07時41分
2月26日 20時18分 2月27日 20時26分

3月1日 04時54分 3月1日 08時55分
3月3日 11時54分 3月3日 19時01分
3月6日 01時05分 3月6日 01時22分
3月7日 17時46分 3月8日 04時08分
3月9日 10時54分 3月10日 04時39分
3月12日 03時23分 3月12日 04時43分
3月13日 18時46分 3月14日 06時03分
3月16日 02時02分 3月16日 09時56分
3月18日 13時08分 3月18日 16時54分
3月20日 05時42分 3月21日 02時39分
3月22日 12時54分 3月23日 14時23分
3月25日 05時54分 3月26日 03時08分
3月27日 16時25分 3月28日 15時46分
3月30日 10時54分 3月31日 02時44分

4月2日 01時38分 4月2日 10時36分
4月4日 08時15分 4月4日 14時45分
4月5日 19時32分 4月6日 15時45分
4月7日 23時56分 4月8日 15時10分
4月9日 18時49分 4月10日 14時58分
4月12日 03時56分 4月12日 17時06分
4月14日 12時59分 4月14日 22時52分
4月17日 02時48分 4月17日 08時22分
4月18日 21時29分 4月19日 20時23分
4月21日 15時13分 4月22日 09時17分
4月24日 06時45分 4月24日 21時46分
4月27日 00時50分 4月27日 08時54分
4月29日 16時07分 4月29日 17時46分

5月1日 11時55分 5月1日 23時33分
5月3日 14時07分 5月4日 02時04分
5月5日 13時16分 5月6日 02時10分
5月7日 11時10分 5月8日 01時34分
5月9日 13時14分 5月10日 02時23分
5月11日 16時33分 5月12日 06時31分
5月14日 02時02分 5月14日 14時51分
5月16日 18時20分 5月17日 02時32分
5月19日 00時22分 5月19日 15時29分
5月21日 20時39分 5月22日 03時48分
5月24日 00時37分 5月24日 14時33分
5月26日 10時11分 5月26日 23時26分
5月29日 05時18分 5月29日 06時05分
5月31日 08時10分 5月31日 10時09分

6月2日 00時42分 6月2日 11時46分
6月4日 08時02分 6月4日 12時01分
6月6日 01時47分 6月6日 12時41分
6月8日 09時17分 6月8日 15時47分
6月10日 16時13分 6月10日 22時45分
6月12日 23時46分 6月13日 09時33分
6月15日 15時59分 6月15日 22時18分
6月17日 22時52分 6月18日 10時33分
6月20日 20時02分 6月20日 20時54分
6月22日 17時57分 6月23日 05時08分
6月25日 00時47分 6月25日 11時30分
6月27日 04時54分 6月27日 16時07分
6月29日 16時45分 6月29日 19時03分

0cb90af9-s

7月1日 09時18分 7月1日 20時44分
7月3日 12時42分 7月3日 22時19分
7月5日 15時29分 7月6日 01時27分
7月7日 21時06分 7月8日 07時40分
7月10日 12時27分 7月10日 17時32分
7月13日 00時00分 7月13日 05時52分
7月15日 07時21分 7月15日 18時13分
7月17日 17時56分 7月18日 04時32分
7月20日 07時56分 7月20日 12時10分
7月22日 10時55分 7月22日 17時35分
7月24日 16時06分 7月24日 21時32分
7月26日 15時18分 7月27日 00時37分
7月29日 00時12分 7月29日 03時16分
7月30日 20時46分 7月31日 06時08分

8月2日 09時43分 8月2日 10時11分
8月4日 13時12分 8月4日 16時33分
8月6日 12時20分 8月7日 01時56分
8月9日 02時41分 8月9日 13時51分
8月11日 14時21分 8月12日 02時23分
8月14日 02時36分 8月14日 13時11分
8月16日 11時44分 8月16日 20時52分
8月18日 18時26分 8月19日 01時34分
8月20日 21時20分 8月21日 04時18分
8月22日 20時47分 8月23日 06時19分
8月25日 04時37分 8月25日 08時39分
8月27日 09時30分 8月27日 12時06分
8月29日 15時23分 8月29日 17時11分
8月31日 13時19分 9月1日 00時21分

9月3日 07時12分 9月3日 09時55分
9月5日 09時30分 9月5日 21時38分
9月8日 09時42分 9月8日 10時19分
9月10日 09時50分 9月10日 21時54分
9月12日 18時59分 9月13日 06時28分
9月15日 00時31分 9月15日 11時22分
9月17日 04時05分 9月17日 13時22分
9月19日 05時10分 9月19日 13時57分
9月21日 12時32分 9月21日 14時52分
9月23日 16時56分 9月23日 17時33分
9月25日 10時41分 9月25日 22時48分
9月27日 17時52分 9月28日 06時42分
9月29日 19時04分 9月30日 16時52分

10月2日 14時42分 10月3日 04時42分
10月5日 10時04分 10月5日 17時26分
10月7日 15時25分 10月8日 05時39分
10月10日 01時50分 10月10日 15時32分
10月12日 08時48分 10月12日 21時42分
10月14日 16時13分 10月15日 00時07分
10月16日 13時23分 10月17日 00時04分
10月17日 23時46分 10月18日 23時29分
10月20日 20時16分 10月21日 00時28分
10月23日 04時13分 10月23日 04時33分
10月24日 21時20分 10月25日 12時16分
10月27日 03時32分 10月27日 22時50分
10月29日 19時09分 10月30日 11時00分

11月1日 11時43分 11月1日 23時42分
11月3日 19時34分 11月4日 12時05分
11月6日 18時56分 11月6日 22時55分
11月8日 22時54分 11月9日 06時45分
11月11日 08時16分 11月11日 10時44分
11月12日 21時44分 11月13日 11時23分
11月14日 22時51分 11月15日 10時22分
11月16日 19時57分 11月17日 09時56分
11月19日 07時02分 11月19日 12時14分
11月21日 17時33分 11月21日 18時33分
11月23日 02時41分 11月24日 04時41分
11月25日 22時52分 11月26日 17時01分
11月28日 06時47分 11月29日 05時45分

12月1日 13時07分 12月1日 17時52分
12月3日 19時15分 12月4日 04時43分
12月5日 20時22分 12月6日 13時30分
12月7日 23時05分 12月8日 19時15分
12月10日 10時06分 12月10日 21時40分
12月12日 13時04分 12月12日 21時41分
12月14日 14時57分 12月14日 21時08分
12月16日 06時36分 12月16日 22時14分
12月19日 01時55分 12月19日 02時51分
12月21日 10時55分 12月21日 11時39分
12月23日 04時31分 12月23日 23時32分
12月25日 16時21分 12月26日 12時18分
12月28日 10時44分 12月29日 00時11分
12月30日 17時06分 12月31日 10時28分

014
 


psd

  
05a7b273
2015年 ☪ ボイドタイム一覧


ボイドタイム開始日時  ボイドタイム終了日時

1月 1日 21時18分 1月 2日 2時8分
1月 3日 20時54分 1月 4日 10時7分
1月 5日 13時53分 1月 6日 20時2分
1月 9日 2時4分 1月 9日 7時57分
1月11日 0時45分 1月11日 20時56分
1月13日 18時46分 1月14日 8時43分
1月16日 8時51分 1月16日 17時0分
1月18日 4時25分 1月18日 21時4分
1月19日 19時51分 1月20日 21時59分
1月22日 10時45分 1月22日 21時47分
1月23日 20時12分 1月24日 22時31分
1月26日 23時23分 1月27日 1時37分
1月28日 11時18分 1月29日 7時36分
1月30日 18時24分 1月31日 16時8分
 

2月1日 22時36分 2月3日 2時40分
2月4日 14時30分 2月5日 14時45分
2月7日 7時9分 2月8日 3時43分
2月9日 20時58分 2月10日 16時5分
2月12日 14時32分 2月13日 1時46分
2月15日 0時14分 2月15日 7時24分
2月17日 5時16分 2月17日 9時13分
2月19日 8時47分 2月19日 8時47分
2月20日 8時1分 2月21日 8時12分
2月22日 9時35分 2月23日 9時28分
2月24日 11時57分 2月25日 13時53分
2月26日 17時43分 2月27日 21時49分

3月1日 2時53分 3月2日 8時34分
3月3日 17時47分 3月4日 20時57分
3月6日 3時36分 3月7日 9時51分
3月9日 10時23分 3月9日 22時9分
3月12日 4時46分 3月12日 8時30分
3月14日 8時11分 3月14日 15時39分
3月16日 17時1分 3月16日 19時13分
3月18日 3時18分 3月18日 19時57分
3月20日 18時36分 3月20日 19時27分
3月22日 7時50分 3月22日 19時40分
3月23日 23時24分 3月24日 22時22分
3月26日 21時34分 3月27日 4時45分
3月29日 10時58分 3月29日 14時47分
3月30日 22時56分 4月1日 3時12分

4月2日 18時0分 4月3日 16時7分
4月5日 0時58分 4月6日 4時4分
4月8日 5時41分 4月8日 14時8分
4月10日 2時41分 4月10日 21時46分
4月12日 17時14分 4月13日 2時43分
4月15日 4時44分 4月15日 5時11分
4月16日 6時36分 4月17日 5時59分
4月19日 3時56分 4月19日 6時31分
4月20日 8時6分 4月21日 8時27分
4月22日 14時37分 4月23日 13時25分
4月25日 2時3分 4月25日 22時12分
4月27日 23時12分 4月28日 10時7分
4月30日 21時23分 4月30日 23時2分

5月2日 23時3分 5月3日 10時47分
5月5日 10時49分 5月5日 20時12分
5月8日 2時51分 5月8日 3時16分
5月10日 5時35分 5月10日 8時21分
5月11日 19時36分 5月12日 11時53分
5月14日 1時54分 5月14日 14時13分
5月15日 21時3分 5月16日 16時2分
5月18日 13時13分 5月18日 18時27分
5月20日 2時57分 5月20日 22時55分
5月22日 9時36分 5月23日 6時42分
5月24日 19時49分 5月25日 17時51分
5月27日 11時21分 5月28日 6時41分
5月30日 5時20分 5月30日 18時33分

6月1日 20時0分 6月2日 3時39分
6月3日 14時58分 6月4日 9時50分
6月5日 19時53分 6月6日 14時1分
6月7日 23時30分 6月8日 17時16分
6月10日 3時8分 6月10日 20時13分
6月12日 8時42分 6月12日 23時16分
6月14日 7時6分 6月15日 2時50分
6月16日 23時5分 6月17日 7時50分
6月19日 14時52分 6月19日 15時22分
6月22日 1時9分 6月22日 1時58分
6月24日 14時12分 6月24日 14時40分
6月26日 8時22分 6月27日 2時56分
6月29日 10時50分 6月29日 12時21分

0cb90af9-s 

7月1日 3時17分 7月1日 18時10分
7月3日 19時37分 7月3日 21時20分
7月5日 21時31分 7月5日 23時22分
7月7日 23時35分 7月8日 1時37分
7月9日 22時46分 7月10日 4時49分
7月12日 6時51分 7月12日 9時16分
7月14日 12時31分 7月14日 15時13分
7月16日 20時24分 7月16日 23時14分
7月19日 6時41分 7月19日 9時46分
7月21日 19時6分 7月21日 22時22分
7月24日 3時11分 7月24日 11時6分
7月26日 18時14分 7月26日 21時24分
7月28日 22時36分 7月29日 3時47分
7月31日 3時49分 7月31日 6時40分

8月2日 7時2分 8月2日 7時36分
8月4日 5時35分 8月4日 8時23分
8月6日 8時29分 8月6日 10時29分
8月8日 13時45分 8月8日 14時39分
8月10日 20時44分 8月10日 21時8分
8月13日 2時43分 8月13日 5時52分
8月15日 13時36分 8月15日 16時45分
8月18日 2時16分 8月18日 5時22分
8月20日 11時56分 8月20日 18時24分
8月23日 4時30分 8月23日 5時40分
8月25日 7時3分 8月25日 13時21分
8月27日 16時19分 8月27日 17時3分
8月29日 16時2分 8月29日 17時50分
8月31日 15時53分 8月31日 17時32分

9月2日 1時37分 9月2日 18時1分
9月4日 19時20分 9月4日 20時47分
9月6日 8時3分 9月7日 2時39分
9月9日 10時27分 9月9日 11時35分
9月11日 22時3分 9月11日 22時55分
9月14日 11時7分 9月14日 11時40分
9月16日 13時21分 9月17日 0時42分
9月19日 4時48分 9月19日 12時31分
9月21日 17時59分 9月21日 21時32分
9月23日 8時12分 9月24日 2時51分
9月25日 13時1分 9月26日 4時43分
9月27日 1時32分 9月28日 4時28分
9月29日 16時44分 9月30日 3時56分

10月1日 19時43分 10月2日 5時3分
10月4日 2時18分 10月4日 9時21分
10月5日 20時4分 10月6日 17時30分
10月8日 6時10分 10月9日 4時50分
10月10日 7時12分 10月11日 17時45分
10月13日 9時5分 10月14日 6時38分
10月15日 9時57分 10月16日 18時18分
10月18日 17時48分 10月19日 3時52分
10月21日 5時31分 10月21日 10時37分
10月23日 13時21分 10月23日 14時17分
10月24日 20時18分 10月25日 15時21分
10月26日 21時24分 10月27日 15時7分
10月29日 0時20分 10月29日 15時24分
10月31日 11時51分 10月31日 18時9分

11月2日 12時34分 11月3日 0時47分
11月4日 10時46分 11月5日 11時22分
11月7日 21時47分 11月8日 0時14分
11月9日 11時42分 11月10日 13時2分
11月12日 23時54分 11月13日 0時13分
11月14日 12時18分 11月15日 9時20分
11月17日 5時52分 11月17日 16時24分
11月19日 17時19分 11月19日 21時21分
11月21日 22時22分 11月22日 0時12分
11月23日 4時15分 11月24日 1時25分
11月25日 10時25分 11月26日 2時15分
11月27日 12時35分 11月28日 4時26分
11月29日 21時45分 11月30日 9時47分

12月2日 12時9分 12月2日 19時9分
12月4日 13時58分 12月5日 7時33分
12月7日 11時2分 12月7日 20時25分
12月9日 15時38分 12月10日 7時24分
12月12日 1時5分 12月12日 15時46分
12月14日 8時7分 12月14日 21時58分
12月16日 16時16分 12月17日 2時44分
12月19日 0時14分 12月19日 6時26分
12月21日 7時0分 12月21日 9時12分
12月22日 23時26分 12月23日 11時30分
12月25日 5時3分 12月25日 14時26分
12月27日 12時35分 12月27日 19時30分
12月30日 2時37分 12月30日 3時58分

lunar-phases-2015
 
 

0cb90af9-s 


ボイドタイム開始日時        ボイドタイム終了日時
 
2013年12月30日 20時37分 2014年1月1日 03時02分
 
2014年1月2日    20時12分 3日 02時05分
2014年1月4日    10時49分 5日 02時00分
2014年1月6日    18時44分 7日 04時46分
2014年1月9日    01時25分   11時25分
2014年1月11日 20時01分   21時27分
2014年1月13日 06時34分 14日 09時26分
2014年1月16日 13時54分   22時01分
2014年1月18日 17時53分 19日 10時25分
2014年1月21日 05時56分   21時44分
2014年1月23日 12時51分 24日 06時45分
2014年1月25日 22時56分 26日 12時14分
2014年1月28日 07時02分   14時05分
2014年1月30日 01時48分   13時34分

2014年2月1日    01時47分   12時46分
2014年2月3日    01時36分   13時56分
2014年2月5日    08時15分   18時47分
2014年2月7日    13時51分 8日 03時44分
2014年2月10日 06時10分   15時34分
2014年2月12日 19時52分 13日 04時16分
2014年2月15日 12時12分   16時26分
2014年2月17日 14時05分 18日 03時23分
2014年2月20日 06時53分   12時34分
2014年2月22日 07時10分   19時13分
2014年2月24日 18時25分   22時51分
2014年2月26日 19時52分   23時56分
2014年2月28日 19時56分   23時54分

2014年3月2日    20時06分 3日 00時41分
2014年3月5日    02時32分   04時12分
2014年3月6日    22時55分 7日 11時38分
2014年3月9日    16時53分   22時34分
2014年3月12日 04時51分   11時10分
2014年3月14日 16時24分   23時18分
2014年3月17日 02時09分   09時46分
2014年3月19日 10時07分   18時14分
2014年3月21日 12時12分 22日 00時40分
2014年3月23日 19時41分 24日 05時04分
2014年3月25日 21時35分 26日 07時40分
2014年3月27日 22時14分 28日 09時11分
2014年3月29日 22時45分 30日 10時55分

2014年4月1日    05時08分   14時21分
2014年4月3日    15時45分   20時48分
2014年4月5日    23時58分 6日 06時40分
2014年4月8日    03時14分   18時51分
2014年4月10日 15時26分 11日 07時08分
2014年4月13日 02時12分   17時34分
2014年4月15日 16時43分 16日 01時21分
2014年4月17日 16時09分 18日 06時44分
2014年4月20日 10時19分   10時29分
2014年4月22日 08時24分   13時19分
2014年4月24日 01時11分   15時56分
2014年4月26日 05時05分   19時02分
2014年4月27日 20時04分 28日 23時25分

2014年5月1日    00時56分   05時57分
2014年5月2日    08時34分 3日 15時13分
2014年5月5日    17時49分 6日 02時56分
2014年5月7日    19時50分 8日 15時24分
2014年5月10日 07時07分 11日 02時20分
2014年5月12日 09時52分 13日 10時08分
2014年5月15日 04時17分   14時44分
2014年5月16日 16時44分 17日 17時13分
2014年5月19日 16時04分   18時59分
2014年5月21日 07時24分   21時20分
2014年5月23日 15時27分 24日 01時02分
2014年5月26日 00時59分   06時29分
2014年5月27日 18時12分 28日 13時48分
2014年5月29日 19時01分 30日 23時14分

2014年6月1日    15時34分 2日 10時44分
2014年6月3日    23時42分 4日 23時21分
2014年6月6日    18時14分 7日 11時02分
2014年6月9日    04時47分   19時39分
2014年6月11日 11時22分 12日 00時24分
2014年6月13日 13時12分 14日 02時05分
2014年6月15日 15時37分 16日 02時29分
2014年6月18日 03時08分   03時27分
2014年6月20日 04時06分   06時27分
2014年6月22日 07時24分   12時04分
2014年6月24日 10時50分   20時06分
2014年6月26日 20時56分 27日 06時06分
2014年6月29日 10時04分   17時43分

2014年7月1日    19時01分 2日 06時25分
2014年7月4日    13時23分   18時44分
2014年7月7日    00時31分   04時34分
2014年7月9日    07時33分   10時25分
2014年7月11日 09時19分   12時25分
2014年7月13日 10時58分   12時08分
2014年7月15日 04時26分   11時42分
2014年7月17日 10時00分   13時08分
2014年7月19日 11時20分   17時43分
2014年7月21日 23時14分 22日 01時36分
2014年7月24日 09時53分   12時00分
2014年7月25日 22時56分 26日 23時55分
2014年7月28日 09時38分 29日 12時38分
2014年7月31日 23時51分 8月1日 01時11分

2014年8月2日    12時00分 3日 11時58分
2014年8月5日    02時44分   19時19分
2014年8月6日    23時51分 7日 22時39分
2014年8月9日    17時10分   22時53分
2014年8月11日 07時15分   21時57分
2014年8月13日 01時03分   22時02分
2014年8月16日 00時54分   00時59分
2014年8月17日 21時28分 18日 07時42分
2014年8月20日 11時56分   17時45分
2014年8月22日 04時35分 23日 05時50分
2014年8月24日 17時27分 25日 18時34分
2014年8月27日 11時31分 28日 06時55分
2014年8月30日 01時01分   17時54分

2014年9月2日    00時42分   02時18分
2014年9月4日    03時07分   07時16分
2014年9月6日    00時09分   09時00分
2014年9月8日    02時20分   08時48分
2014年9月10日 04時12分   08時34分
2014年9月11日 10時00分 12日 10時18分
2014年9月13日 22時34分 14日 15時27分
2014年9月16日 11時07分 17日 00時25分
2014年9月19日 03時40分   12時11分
2014年9月21日 13時35分 22日 00時55分
2014年9月23日 21時17分 24日 13時00分
2014年9月26日 21時39分   23時30分
2014年9月29日 05時32分   07時51分
2014年9月30日 12時30分 10月1日 13時42分

2014年10月3日    01時19分   17時01分
2014年10月5日    03時33分   18時25分
2014年10月7日   04時40分   19時08分
2014年10月8日   23時22分 9日 20時45分
2014年10月11日 09時51分 12日 00時52分
2014年10月14日 02時58分   08時31分
2014年10月16日 08時26分   19時30分
2014年10月18日 22時12分 19日 08時09分
2014年10月21日 12時31分   20時13分
2014年10月24日 02時23分   06時11分
2014年10月26日 01時12分   13時41分
2014年10月28日 01時19分   19時05分
2014年10月30日 12時03分   22時53分

2014年11月1日   15時23分 2日 01時38分
2014年11月3日   18時07分 4日 03時55分
2014年11月5日   22時28分 6日 06時34分
2014年11月8日   01時19分   10時45分
2014年11月10日 01時23分   17時38分
2014年11月12日 18時18分 13日 03時45分
2014年11月15日 11時56分   16時09分
2014年11月17日 20時13分 18日 04時31分
2014年11月19日 23時25分 20日 14時32分
2014年11月22日 14時54分   21時20分
2014年11月24日 12時17分 25日 01時33分
2014年11月27日 00時33分   04時24分
2014年11月29日 02時16分   07時04分

2014年12月1日   05時49分   10時15分
2014年12月3日   11時44分   14時16分
2014年12月5日   15時47分   19時30分
2014年12月7日   18時54分 8日 02時35分
2014年12月10日 09時16分   12時15分
2014年12月12日 21時51分 13日 00時20分
2014年12月15日 11時13分   13時06分
2014年12月17日 14時41分   23時53分
2014年12月20日 06時12分   06時56分
2014年12月21日 21時35分 22日 10時26分
2014年12月23日 12時20分 24日 11時54分
2014年12月26日 00時13分   13時08分
2014年12月28日 00時47分   15時36分
2014年12月30日 09時48分   19時57分

psd


太陽系にある惑星が持つエネルギーが、私たちに影響を与えている、というのが
占星術の基本的な考え方です。それによって、生まれた時や
現在、未来の星の位置を知ることで、どんな性格なのか? 
どんなことが起こるのか? をしることができるようになるわけです。
そんな占星術に「魔の時間」というものが存在しています。

魔の時間とは、「VOID TIME(ボイドタイム)と呼ばれているもの。
「VOID」とは英語で「空白・無効」といった意味をもっています。
占星術では、惑星が他の惑星と特定の角度を作っている時
そこから意味を読み取るのですが、そういった意味を持った角度を
どの天体とも作っていない時を「ボイドタイム」と呼ぶのです。
定義上では、すべての惑星にボイドタイムが存在しているのですが
一般的にボイドタイムといった場合は、月がどの惑星とも
意味のある角度をなしていない時間をことを指すようです。

なぜ、月だけなのか? 
月がスピリチュアルな惑星という意味合いもあるでしょうが
ある占星学者が、月が他の惑星と意味のある角度をとっていない時に占いをすると
クライエントとの意思疎通がうまくいかなかったことが多かったことが
ボイドタイムを提唱するきっかけだったといわれていますので
そもそもの始まりからして、月がポイントになっていたわけです。

この時間帯は重要な意思決定をしない、新しいことをはじめてはいけない
重要な会議はしないなどが薦められています。
なぜなら、判断力が低下し、コミュニケーションや
感情面でのトラブルが起こりやすくなるからなのだそうです。
また、ボイドという名前が示すとおり、この時間帯に決めたことは
多くが「無効」になるともいわれています。

月は比較的活発に動きますので、ボイドタイムは2日に1度は必ず発生します。
時間はまちまちで、数十分で終わることもあれば、1日以上続くこともあります。
魔の時間といわれて、物事を決めたら無効になってしまう…など
ちょっと怖いイメージがあるボイドタイムですが、判断力が落ちたり
コミュニケーションに問題が出る反面、リラクゼーションには適しているという説もあります。

意思決定が必要なことではなく、自分自身を見つめる瞑想をしたり
ヒーリングを行ったり、掃除や家事などのルーチンワークを行ったりするのには
普段よりも適しているということですので、魔の時間といっても、用は扱い方次第ということです。

ボイドタイムを知りたい、という方はスマートフォンのアプリで
現在がボイドタイムかどうか調べたり、次のボイドタイムがいつかわかるようなものが
いくつもありますし、WEBサイトを検索すると、今年のボイドタイム一覧が
掲載されたものが見つかると思います。

魔の時間といって、ボイドタイムをことさら恐れる必要はありませんが
判断力が弱くなるということを前もって知っていれば
無用なトラブルからは逃れることができるようになりますので
ボイドタイムを把握しておくというのもいいのではないでしょうか?

line1


月は、ほぼ一ヶ月かけて12星座を一周します。
その星座間の移動時に発生する空虚な時間をボイドタイムと言います。

【ぼんやりしたり、フワフワしたり、イライラしたり】
判断力が鈍ったり、話がしれたり、何かと迷走する傾向が見られるため
重要な会議やイベントはこの時間帯を避けるのがオススメ。
ただ、ボイドタイムは二日半に一度くらいの割合でやってくるので
過剰に反応せず未然にトラブルを防ぐ感覚で気楽に過ごしましょう。

2〜3日毎にボイドタイムは発生する。
この間、人々は情緒不安定になり、情報伝達のミスなどが起こりやすく
めざす目的が達成されない、つまり行動が無効または無駄になるといわれている。
一度限りの重要な行動や、新しい行動は避けた方がよい。 

【これは避けて!】
ただ、ボイドタイムは極力重要なことは避けるべし!
 
1婚姻届の提出
2引っ越しや家の購入
3大切な契約
4長年準備してきたプロジェクトのプレゼンや会議
5初デートや告白 

●会社の設立
●開店
●引越
●結婚
●登記
●契約 etc

*ボイドタイムに物事を新たに始めたりしない。 
*ボイドタイムで新しく計画をたてない。 
*ボイドタイムになると普段と変わったことをしたくなる。 
*ボイドタイムに旅行の出発するとトラブルが起こりやすくなる。 
*ボイドタイムに「新たに知り合った人」とのつきあいは慎重にする。 
*ボイドタイムに重要な会議は行わない。 
*ボイドタイムに契約や交渉ごとを行わない。
 

ただし、恐れることではありません。
日常生活では、"いまはボイドタイム"と意識することで影響を防ぐことは可能です。
あなたも、自分自身の周りで起きているミス、トラブル、誤解などチェックしてみて
その原因がボイドタイム時に起きていることに気づくのではないでしょうか。
sense(センス)を育てるチャンスです。普段と違う自分を感じてみてください。
月の影響を意識し、月との上手なつき合いに活用してください。

”ボイドの影響を受けやすいサンサイン” で、ボイド毎に影響をうける星座
(全ての星座が影響を受けるわけではありません。)を表示してあります。 
 
line1

 メディアでよく見かける「毎日の運勢」は、「天を運行する月が
他の惑星とどのような位置関係にあるか?」で運気のリズムを占います。
しかし、このボイドタイムでは、月が他の惑星と意味のある位置関係を結んでおらず
月のパワーが弱まってしまうのです。

月の働きが弱まると、人々の感情や感覚が過剰に活発になり
勘違いを引き起こしたり、結論の出ないダラダラとした対話が繰り返されたりします。
そのため、連絡ミスが起こりやすかったり、この時間帯に出した結論が
あとからひっくり返ったりしてしまうのです。 

重要な決断をするのには向きませんし、メールや電話が
つながりにくくなることを感じる人もいるでしょう。
意外なところでは髪を切るのを避けたほうがよい、という人もいます。
大事な会議や話し合いは、できる限り避けたほうが無難ですが
ボイドタイムは、2~3日に1度くらいの頻度で起こる日常的な現象です。
その長さは短ければ数分、長くても1日半ほど。

あまり神経質にならず、何かうまくいかないことがあった時に
ボイドに入っていないかどうか
確認してみる程度にとどめるのが賢明でしょう。 

また、ボイドの効果は良い面も期待できます。
心配事や懸念も「無効」にしてくれるのが、その効果です。
不安を抱えている人は、この時間帯にふっと心が軽くなり
ひとときの安息を得られることを実感できるはず。
考えても考えても、よい解決方法を思いつかないとき、ボイドタイムを味方につけて
リラックスしてみることをお勧めします。

月がつくりだす不思議な時間帯「ボイドタイム」。
上手に活用することで、毎日の生活がちょっとだけ、輝きだすかもしれません。
 

0cb90af9-s


1月
2013年1月 1日 6時51分 ~ 2013年1月 2日 2時34分
2013年1月 3日 21時15分 ~ 2013年1月 4日 10時10分
2013年1月 6日 8時12分 ~ 2013年1月 6日 15時8分
2013年1月 7日 20時31分 ~ 2013年1月 8日 17時28分
2013年1月 9日 11時28分 ~ 2013年1月10日 17時54分
2013年1月12日 4時43分 ~ 2013年1月12日 18時1分
2013年1月13日 17時36分 ~ 2013年1月14日 19時49分
2013年1月16日 18時32分 ~ 2013年1月17日 1時6分
2013年1月19日 9時40分 ~ 2013年1月19日 10時36分
2013年1月21日 3時15分 ~ 2013年1月21日 23時4分
2013年1月23日 20時41分 ~ 2013年1月24日 11時59分
2013年1月26日 5時34分 ~ 2013年1月26日 23時20分
2013年1月29日 1時58分 ~ 2013年1月29日 8時27分
2013年1月31日 10時58分 ~ 2013年1月31日 15時35分

2月
2013年2月 2日 10時2分 ~ 2013年2月 2日 21時1分
2013年2月 4日 21時31分 ~ 2013年2月 5日 0時45分
2013年2月 6日 5時42分 ~ 2013年2月 7日 2時54分
2013年2月 7日 21時43分 ~ 2013年2月 9日 4時16分
2013年2月10日 16時20分 ~ 2013年2月11日 6時19分
2013年2月12日 2時2分 ~ 2013年2月13日 10時51分
2013年2月15日 12時35分 ~ 2013年2月15日 19時7分
2013年2月18日 5時30分 ~ 2013年2月18日 6時49分
2013年2月20日 3時47分 ~ 2013年2月20日 19時44分
2013年2月22日 11時7分 ~ 2013年2月23日 7時11分
2013年2月25日 13時50分 ~ 2013年2月25日 15時52分
2013年2月27日 3時12分 ~ 2013年2月27日 22時1分
2013年2月28日 17時36分 ~ 2013年3月2日 2時33分

3月
2013年3月 3日 18時18分 ~ 2013年3月 4日 6時10分
2013年3月 6日 0時28分 ~ 2013年3月 6日 9時13分
2013年3月 8日 6時14分 ~ 2013年3月 8日 12時1分
2013年3月 9日 7時7分 ~ 2013年3月10日 15時18分
2013年3月12日 4時51分 ~ 2013年3月12日 20時17分
2013年3月13日 17時1分 ~ 2013年3月15日 4時8分
2013年3月17日 8時10分 ~ 2013年3月17日 15時8分
2013年3月20日 2時26分 ~ 2013年3月20日 3時55分
2013年3月21日 3時1分 ~ 2013年3月22日 15時49分
2013年3月23日 12時27分 ~ 2013年3月25日 0時49分
2013年3月25日 21時45分 ~ 2013年3月27日 6時31分
2013年3月28日 3時14分 ~ 2013年3月29日 9時53分
2013年3月30日 5時24分 ~ 2013年3月31日 12時13分

4月
2013年4月 1日 13時59分 ~ 2013年4月 2日 14時35分
2013年4月 3日 19時34分 ~ 2013年4月 4日 17時41分
2013年4月 6日 2時21分 ~ 2013年4月 6日 22時0分
2013年4月 8日 13時9分 ~ 2013年4月 9日 4時2分
2013年4月11日 1時24分 ~ 2013年4月11日 12時21分
2013年4月13日 21時30分 ~ 2013年4月13日 23時12分
2013年4月16日 4時41分 ~ 2013年4月16日 11時49分
2013年4月18日 21時30分 ~ 2013年4月19日 0時13分
2013年4月20日 6時5分 ~ 2013年4月21日 10時8分
2013年4月22日 15時2分 ~ 2013年4月23日 16時24分
2013年4月24日 21時11分 ~ 2013年4月25日 19時25分
2013年4月26日 17時56分 ~ 2013年4月27日 20時31分
2013年4月29日 13時36分 ~ 2013年4月29日 21時21分

5月
2013年5月 1日 23時7分 ~ 2013年5月 1日 23時19分
2013年5月 3日 13時24分 ~ 2013年5月 4日 3時25分
2013年5月 6日 1時0分 ~ 2013年5月 6日 10時3分
2013年5月 7日 21時40分 ~ 2013年5月 8日 19時9分
2013年5月10日 9時28分 ~ 2013年5月11日 6時20分
2013年5月12日 22時32分 ~ 2013年5月13日 18時56分
2013年5月15日 21時13分 ~ 2013年5月16日 7時37分
2013年5月18日 13時34分 ~ 2013年5月18日 18時32分
2013年5月21日 1時48分 ~ 2013年5月21日 2時7分
2013年5月22日 16時35分 ~ 2013年5月23日 5時55分
2013年5月24日 22時55分 ~ 2013年5月25日 6時48分
2013年5月26日 19時22分 ~ 2013年5月27日 6時28分
2013年5月29日 3時40分 ~ 2013年5月29日 6時48分
2013年5月31日 8時56分 ~ 2013年5月31日 9時29分

6月
2013年6月 2日 13時30分 ~ 2013年6月 2日 15時33分
2013年6月 4日 15時8分 ~ 2013年6月 5日 0時53分
2013年6月 5日 22時24分 ~ 2013年6月 7日 12時31分
2013年6月 9日 17時28分 ~ 2013年6月10日 1時15分
2013年6月11日 6時14分 ~ 2013年6月12日 13時57分
2013年6月14日 20時14分 ~ 2013年6月15日 1時25分
2013年6月17日 6時25分 ~ 2013年6月17日 10時18分
2013年6月19日 12時55分 ~ 2013年6月19日 15時38分
2013年6月21日 4時16分 ~ 2013年6月21日 17時30分
2013年6月23日 16時8分 ~ 2013年6月23日 17時8分
2013年6月25日 11時23分 ~ 2013年6月25日 16時26分
2013年6月26日 22時8分 ~ 2013年6月27日 17時31分
2013年6月29日 9時16分 ~ 2013年6月29日 22時6分

7月
2013年7月 1日 15時47分 ~ 2013年7月 2日 6時42分
2013年7月 4日 0時50分 ~ 2013年7月 4日 18時21分
2013年7月 6日 21時30分 ~ 2013年7月 7日 7時13分
2013年7月 8日 20時43分 ~ 2013年7月 9日 19時48分
2013年7月12日 4時54分 ~ 2013年7月12日 7時11分
2013年7月14日 0時25分 ~ 2013年7月14日 16時40分
2013年7月16日 12時18分 ~ 2013年7月16日 23時24分
2013年7月18日 20時12分 ~ 2013年7月19日 2時54分
2013年7月20日 23時59分 ~ 2013年7月21日 3時38分
2013年7月22日 0時53分 ~ 2013年7月23日 3時6分
2013年7月23日 23時0分 ~ 2013年7月25日 3時22分
2013年7月26日 3時43分 ~ 2013年7月27日 6時28分
2013年7月28日 11時19分 ~ 2013年7月29日 13時42分
2013年7月31日 0時57分 ~ 2013年8月1日 0時41分

8月
2013年8月 2日 1時48分 ~ 2013年8月 3日 13時29分
2013年8月 5日 15時48分 ~ 2013年8月 6日 1時57分
2013年8月 7日 6時50分 ~ 2013年8月 8日 12時56分
2013年8月10日 7時4分 ~ 2013年8月10日 22時7分
2013年8月12日 10時28分 ~ 2013年8月13日 5時17分
2013年8月15日 6時29分 ~ 2013年8月15日 10時4分
2013年8月17日 2時31分 ~ 2013年8月17日 12時25分
2013年8月19日 3時25分 ~ 2013年8月19日 13時6分
2013年8月21日 10時44分 ~ 2013年8月21日 13時43分
2013年8月23日 10時38分 ~ 2013年8月23日 16時12分
2013年8月25日 19時1分 ~ 2013年8月25日 22時13分
2013年8月28日 7時57分 ~ 2013年8月28日 8時7分
2013年8月29日 13時44分 ~ 2013年8月30日 20時32分

9月
2013年9月 1日 9時6分 ~ 2013年9月 2日 9時0分
2013年9月 4日 2時52分 ~ 2013年9月 4日 19時43分
2013年9月 6日 19時9分 ~ 2013年9月 7日 4時12分
2013年9月 9日 5時45分 ~ 2013年9月 9日 10時43分
2013年9月10日 18時21分 ~ 2013年9月11日 15時35分
2013年9月13日 2時8分 ~ 2013年9月13日 18時55分
2013年9月15日 8時16分 ~ 2013年9月15日 21時5分
2013年9月16日 17時19分 ~ 2013年9月17日 22時57分
2013年9月19日 20時12分 ~ 2013年9月20日 1時57分
2013年9月21日 10時25分 ~ 2013年9月22日 7時33分
2013年9月23日 16時12分 ~ 2013年9月24日 16時34分
2013年9月26日 20時21分 ~ 2013年9月27日 4時24分
2013年9月29日 16時30分 ~ 2013年9月29日 16時57分

10月
2013年10月 1日 13時48分 ~ 2013年10月 2日 3時51分
2013年10月 4日 3時57分 ~ 2013年10月 4日 11時59分
2013年10月 6日 7時27分 ~ 2013年10月 6日 17時32分
2013年10月 8日 13時53分 ~ 2013年10月 8日 21時21分
2013年10月10日 19時10分 ~ 2013年10月11日 0時17分
2013年10月12日 9時4分 ~ 2013年10月13日 2時59分
2013年10月15日 5時28分 ~ 2013年10月15日 6時5分
2013年10月16日 16時14分 ~ 2013年10月17日 10時17分
2013年10月19日 8時37分 ~ 2013年10月19日 16時26分
2013年10月21日 6時1分 ~ 2013年10月22日 1時13分
2013年10月23日 9時34分 ~ 2013年10月24日 12時35分
2013年10月26日 5時30分 ~ 2013年10月27日 1時11分
2013年10月28日 21時25分 ~ 2013年10月29日 12時44分
2013年10月31日 11時48分 ~ 2013年10月31日 21時21分

11月
2013年11月 2日 21時46分 ~ 2013年11月 3日 2時34分
2013年11月 4日 13時23分 ~ 2013年11月 5日 5時14分
2013年11月 6日 1時48分 ~ 2013年11月 7日 6時43分
2013年11月 8日 16時38分 ~ 2013年11月 9日 8時29分
2013年11月10日 14時57分 ~ 2013年11月11日 11時36分
2013年11月12日 23時33分 ~ 2013年11月13日 16時39分
2013年11月15日 5時57分 ~ 2013年11月15日 23時49分
2013年11月18日 0時15分 ~ 2013年11月18日 9時6分
2013年11月20日 0時59分 ~ 2013年11月20日 20時22分
2013年11月22日 16時11分 ~ 2013年11月23日 8時56分
2013年11月24日 17時58分 ~ 2013年11月25日 21時10分
2013年11月27日 20時43分 ~ 2013年11月28日 6時59分
2013年11月29日 20時13分 ~ 2013年11月30日 13時2分

12月
2013年12月 2日 10時33分 ~ 2013年12月 2日 15時31分
2013年12月 4日 12時45分 ~ 2013年12月 4日 15時49分
2013年12月 6日 14時31分 ~ 2013年12月 6日 15時53分
2013年12月 7日 21時11分 ~ 2013年12月 8日 17時34分
2013年12月10日 15時40分 ~ 2013年12月10日 22時5分
2013年12月13日 0時37分 ~ 2013年12月13日 5時40分
2013年12月15日 11時54分 ~ 2013年12月15日 15時40分
2013年12月17日 18時28分 ~ 2013年12月18日 3時16分
2013年12月20日 13時36分 ~ 2013年12月20日 15時47分
2013年12月22日 22時25分 ~ 2013年12月23日 4時18分
2013年12月25日 12時54分 ~ 2013年12月25日 15時16分
2013年12月27日 20時0分 ~ 2013年12月27日 22時57分
2013年12月29日 22時54分 ~ 2013年12月30日 2時36分
2013年12月30日 20時36分 ~ 2014年 1月 1日 3時1分
 

psd

◆新月の願い事とボイドタイム

ボイドタイムの時に願い事はどうしたらいいか・・・

ボイドと呼ばれる時間は意外と多く
パワーが強力な新月の願い事時間と重なることもあります。
気にしなくてもいいのではないか?という声もありますが
実際に記録などを取ったりした結果、影響を受けると考える方もおられます。

ただ、すべてのボイドタイムを避けるとなると
願い事をする時間がとても短くなりますし
日によっては、パワーが強力な願い事タイム全てに
ボイドタイムが重なってしまっているということもあります。
そうなると、パワータイムに新月の願い事ができないとなってしまいます。 

そんな時、こんなやり方もあるという一例をご紹介します。

535594e1


・自分に関係の深い要注意ボイド
・そうではない普通のボイドの二つに分けます。

おすすめする願い事タイムは「要注意ボイドを外した」願い事タイム。
※要注意ボイドとは・・・自分にとって影響のあるボイドタイムです。
(人によって要注意ボイドは異なります。)

とはいっても、自分の要注意ボイドがわからない方も多いと思いますので
そういう場合は「ボイドタイムを避けて願い事をする」ということ。
ただし、要注意ボイドがその時の月の星座ではない人は
ボイドを気にせず願い事をしてもOK。
要注意ボイドがわからない方、そして月の星座が要注意ボイドの方だけ
ボイドタイムを避けて願い事をしてみて下さい。


535594e1


そしてもうひとつ・・・
こちらはライターで星読みの石井ゆかりさんのメルマガより

私は、願い事やおまじないのような分野には全然詳しくないので
「どうすべきか」ということは、私には解らないのです、申し訳ないです。
ただ、新月の日は「スタート」のタイミングとされているので、
そのタイミングに願い事をする、というのはぴったりのイメージですね。

新月というのは
「月が太陽と同じ方角に位置して、見えなくなってしまう」現象です。
新月がおわるとすぐに月が見えるようになる、ということではなく、
初めて空にちゃんと姿を現すのは「三日月」、
つまり新月から3日後くらいなのです。
新月は昔から、月が一度死んで再生するような時間と捉えられています。
それは「見えなくなる」からです。
古い伝承の中には、この針のように細い三日月を
「生まれたばかりの月」として、この月を見上げて願い事をする、
というふうなものもあるようです。

どこにも見えなくなった月を心の中に見つめながらお祈りするのも、
生まれたばかりの初々しい月を見上げてお祈りするのも
どちらも、とてもロマンティックだなと思います。

もし新月を時間の始まりと見なし、
新しい時間に向けてお願い事をするとするなら、
もし私であれば、月が見えないあいだ、
つまり三日月が見えるまでのあいだは、
お願い事に適していると考えることもできるんじゃないかと思います。

また、月のボイドタイムは星占いの世界で
「その時に心配していることには意味がない、無効」
「風船の紐が切れたような時間帯」とされます。
ですから、たとえば、その時間の願い事は、
「ふわりと心にに浮かんだこと」
を願う、とか、そんなふうにしたらどうかと思います。
というのも、ボイドタイムに「計画通りの買い物」をすると
あとであまり使うことにならなかったりするけれど
ボイドタイムに「思いつきで衝動買い」をすると、
けっこう、使い込むことになる
みたいなこともあったりするからです。

とはいえ、あくまでこれは私が
「私だったらそんな風に楽しむだろうな」と思ったことで、
特に「きまりごと」などではないです。
お祈りや願い事のやり方を、
自分の心の中にイマジネーションを描きながら
自分で作って行くのも、楽しいものだとおもいます。
「こうしなければならない」とか
「これは効力があり、これは効力が失われる」
などという「ルール」にしばられてしまうと、
そのおまじないはなんだか、呪いのようになってしまい、
人の心をおびやかすことになるのではないでしょうか。
一方、美しいジンクスや儀式をゆたかに創造することで、
生活に弾みやきらめきが出てくるなら
こんなに素敵なことはないと思います! 

ボイドタイムは避けたいという方、気にしない方・・・様々だと思いますが
それぞれの生活パターンに合わせて無理なく続けられると良いのですが
色々と試してみると、ご自分が納得できるやり方がみえてくるかもしれません。
大切なことは、新月に願い事をして心を豊かにしたい…
自分の想いと向き合いながらより良い自分になりたい…
という気持ちなのですから。

535594e1
 
◆ボイドの時間

ボイドタイムについては、算出方法も何通りかあり
どれを採用するかによってボイドになる時間が違います。

月の運行には幅があり、人によりボイドタイムとする時間に数分のズレがみられます。
新月の時間帯やボイドタイムは海外・日本、その他
調べるものによって微妙に違うようです。

私自身も、参考にしている手帳や資料・サイトがいくつかありますが
時差が異なる地域では補正が必要だったり、誤差があることに気づきます。

ボイドタイムをどう使うべきか、と迷ったときに色々な考え方があると思うのですが
やはり基本的には「気にし過ぎない」「左右され過ぎない」ということでしょうか。
しょっちゅう起きるボイドタイムですから、そのたびに考え過ぎていては
やっていられない・・・ということになります。
大体の時間がわかればいい、でもちょっと気にして過ごしてみる…
くらいが長続きさせるコツかもしれません。
それでもボイドが気になるようなら避ける方がいいですね。

ご自分にとって一番しっくりくる方法でされるのが良いと思います。
単にボイドタイムを避けてアファメーションするだけでなく
ボイドタイムが教えてくれるメッセージにも意識を向けながら
むしろ願い事が叶うことだけを考えて
楽しみにして過ごすことの方が大切なのかもしれません。
数分のズレなので、心配な方は、前後に少し余裕を持ち
5分ほど過ぎてから書くようにするといいかもしれません。

psd

◆ボイドタイム中にやってはいけないこと、注意すること◆

ボイドタイムは終わりに近づくほど影響力が強くなります。
ボイドタイムの終了とともに一気に影響が消えます。

ボイドの時には、日常の事はいつもの通り行ってください。
ただし、次の各項には注意してください。

1.
初めてのことのスタート、重要事項の立案、決断などはしないこと。
改築や修理など工事着工・移転・物件下見・登記・調印・開店
・見合い・初デート・プロポーズ・結納・挙式・取引・高額品売買、
重要決議をする会議、新商品売出し、タレントデビューなど。 

2.
色合わせや採寸は勘違いやミスが起きやすいので
設計や創作的仕事、発注・受注などは要注意。
高級品購入は後で不満が生じやすい傾向です。 

3.
ボイドタイム中に得た情報は信頼性が薄いので要注意です。
初対面の人の印象や言動は後日変わる可能性があります。
飛び込み客や長期間音信不通だった人からの連絡は要注意です。
ボイドタイム中に成立した商談や約束は後日取消しや変更が多い。 

4.
伝達ミス・原因不明の間違い・機器の誤作動ミスが起きやすくなります。
パソコン操作はバックアップをマメにとるなど要注意。
この時間帯の会議は議論沸騰しますが、決定はこの時間帯を外して
後日に改めて仕切りなおしましょう。
会議の途中でボイドタイムに突入する場合は最初の方針を変えずに
再検討できる余地を残しておき後日見直しをしましょう。 

5.
救急医療や自分の都合で選べない場合は仕方ありませんが、医療ミスに用心。
予約して行う医療検査や手術はボイドタイムを避けましょう。 

6.
重要な目的のある海外出張は、ボイドタイムでない時刻に離陸する 
フライトを選びましょう。目的地到着時より出国離陸時が重要。 

7.
ボイドタイム中の論議やケンカは相手追及や自己主張が
大きな誤解になり長引くことがありますから、そっと逃げるほうが無難です。

8.
日常業務や日常生活などいつも定期的習慣的にやっていることは通常通りに。
つい変えたくなりますが常と違うやり方をすると混乱します。 

9.
掃除や片付けなどは大事な物を誤って捨てないよう、処分は慎重に。 

10.
ボイドでやってしまったミスや失敗は慌てず追及せず諦めが肝心。 

11.
物事が異常に賑わうことがあり、羽目を外さず騙されないよう注意。 

line1





1.計画をたてないでください
ボイドの時間帯に計画をたてると、その計画は抜き差しならない状態になります。
時間的余裕をもって計画を立て、いつでも通常的なやり方で
やり直しができるようにしましょう。

2.重要な話し合いは避けてください。
人との打ち合わせや重要な会議は、ボイドの時間帯に開始しないようにしましょう。

3.結論は保留しましょう。
どうしても、この時間帯に重要な決定をしなくてはならない場合は
できる限り消極的にかんがえて、いつでもやり直しができる範囲で決定してください。
そして、ボイドが終わったあとに、必ず、その決定を再検討してください。

4. 調子に乗らないでください。
ボイドの時間帯は、誰でもみな情緒不安定なので口がうまい人にだまされます。
また、自分もウッカリ発言、失言などしがちなので注意してください。

5. 途中で方針変更をしないでください。
もし会議中にボイド時間帯に入ったならば
それ以前に結論のでたものだけに議論を限定して
それ以上、新しいことまで話を広げないように。
ボイドの時間に限っていつもと異なったことを発言しやすくなりますが
初期の方針を変更しないでください。

6. 大切なものを処分しないでください。
不要だと思って捨てたものが、実はあとで
大事なものだったと分かることもあるものです。
しかしこの時間帯に紛失したものは、いくら探しても見つからないことも多いので
気をつけてください。整理整頓はこの時間帯には不向きです。

7. 創作的な仕事はしないでください。
画家やペンキ仕事の色あわせ、着物の柄の見分けなども
間違いが起きたりいつもと違うことをしたがるので、カンが鈍ったりします。

8. 交渉の相手を追及しないでください。
ボイドの時間帯では、主張している事柄がとんでもない誤解をまねくので
相手と議論するのはさけましょう。逃げるが勝ちです。

9. 情報を信用しないでください。
ボイドの時間帯に集めた情報は、必ずボイド時間帯が終わったあとに
その内容を再確認してください。
多くの刑事事件でボイド時間帯に集めて証拠が
上級審でしばしば不採用になっています。

10. 失敗の上塗りをしないでください。
ボイド時間帯での失敗はあわてて回避しないほうが安全です。
ボイド時間帯が終わってから落ち着いて考えて対処しましょう。

(参考文献  ボイドカレンダー 石川晃著)

ムーンボイドを日本に初めて紹介したのは石川源晃先生です。
今では大勢の人々に知られるようになりましたが
正しい情報と利用方法が伝わるように商標登録をとって
カレンダーや手帳の形で広く頒布下された石川先生の功績です。
 
line1





◆ボイドタイムとの上手なつきあい方◆

ボイドは「魔の刻」とも言われますが恐れる必要はありません。
なぜならひと月に十二回もあり、ひと月のうちかなりの時間がボイドタイムです。
そのたびにトラブルに見舞われるわけではないです。

ボイドタイムの肯定面として、イマジネーションが活発に働くようになるといわれます。
創作活動などで最初のアイデアを出す作業には向いているようです。
しかし具体的に形に落とし込む作業には向きません。
ビジョンやひらめきは起きやすいのですが、それは同時に
妄想に落ち込みやすいともいえるわけです。
荒削りな素材をもってくる作業に向いているのです。
私の主観ですが、ボイドの時間になると眠くなりやすいように思います。
脳波が下がって眠けがさしたり、だるくなったりしやすいです。
そういう状態では、ミスや口論も起きやすいといえるでしょう。
「今がボイドか、そうでないか」というのが分かっているのといないのとでは
だいぶ違いがでるものです。
しばらく使ってみれば心のバロメータになっているのがわかるはずです。

◆ボイドタイムを逆手にとる◆

●事務仕事などこれまでにやったことの間違い探しをする。 
●失敗してしまったほうが都合がいい事をわざとその時間にぶつける。 
●失敗してもたいしてこまらない事をする。掃除、洗濯、風呂に入るなど。 
●なにをやっても無駄な時間だと考えて、寝たりお酒を飲んだり楽に過ごす。 
●創作のための空想や妄想にふける。 
 

psd

◆ボイドカレンダーその使い方と意味(1)◆ 

●幸福の歯車

幸せを望み、不幸を避けようとすることは人類に共通した希望です。
一生懸命努力しても、いつも歯車が狂ってしまい、やること為すこと行き違いになって
誰も恨むことができないような苦い経験をした人も多いでしょう。
成功と不成功の分かれ目は、単なる運命の巡り合わせと言うことだけではありません。
もっと積極的に、知性を十分に働かせて事前に
不幸を避けることが人間に与えられた知恵なのです。

現代は、情報化の時代だと言われています。
人と人との「コミュニケーション」の善し悪しが、社会のすべての部門での幸福の源になっています。
文明は、人間と機械との間の「コミュニケーション」を大切なものにしました。
デートの打ち合わせも、契約の話し合いも、みんな電話を使っていますが
コンピューター化した交換機の原因不明の故障が
一瞬の内に大混乱をもたらすこともあるのです。

西欧で発達した占星学は、この情報伝達の誤りについて
今から約300年も前に明瞭な法則を発見しました。
17世紀のイギリスの占星学者「ウィリアム・リリー」は、地球を回る月と太陽系の惑星とが
「ある特別な関係」になった時に「占いを依頼した人」と「占者」との間の
意思の疎通が非常に悪くなることを指摘しました。
彼が指摘したこの特別な時間の事を「魔の時間」「ボイド」といいます。
(Void of Course of the Moon)


◆ボイドカレンダーその使い方と意味(2)◆

●月は鏡

地球から最も近い天体は月ですから、潮の干満のように
大きな影響を常に地球に与えています。
20世紀の初頭に活躍したイギリスの占星学者「アラン・レオ」は
月は鏡のように他の天体の影響を反射して、その天体のそれぞれの特徴を
地球上のわれわれに及ぼすものであるといっています。
これに先立つ数千年も前から占星学者は月が人間の「感受性」を表すものとしています。

ところで「ボイドの時間帯」になると、月の役割が正しく働かないで無効になってしまいます。
ですから、太陽系の主な天体の影響が地上に正しく反射されてこないので
人々の感がうまく働かずに、正常な判断ができなくなってしまうのです。
意思の疎通や、情報の伝達はもちろんのこと、画家の色彩の選定や
技術者の取り扱うコンピューター・プログラムの作成のような
人間の知能的な働きがすべてうまく作用しなくなってしまいます。


◆ボイドカレンダーその使い方と意味(3)◆

●どんなことがボイド時間帯で起こるのでしょうか?

ボイド時間帯に開催される会議では、もし議事の内容に
誤解や錯誤や思い違いがあっても、出席者の誰もそれに気がつかないので
その時間帯での重要な決定は大変に危険なのです。

ボイドの時間帯に行われた「ことがらの結論」は一見巧妙であるため
その誤りに人々が気付くのは、かなり後になってからのことになります。
また、ボイド時間帯に起こった事件に対する誤った評価が多くの人々を
長い間悩ますことになります。
しかし、だからといってボイド時間帯は
「悪いことが起こる魔の時間」だというわけではありません。
「もし万一その時に面倒な事件が起こったならばその原因は不明であり
魔物のせいにするほかはない」という意味での「魔の時間」なのです。

毎日通勤をしている道でもボイドの時間帯になると、誰でも
何となく気分転換して別な道を通りたくなるものです。
しかし、ボイドの時に「今までと異なったこと」をするのは危険です。
もしそこで落し物でもすれば、永久に見つからないでしょう。

ボイド時間帯の時には、「通常の決まりきったこと」を
「注意をしながら」するようにして下さい。
重要、かつ特別な事柄はボイド時間帯を避けて行うようにすべきです。
ボイド時間帯では、誰でも「情緒不安定」になるものです。
この時間には特に落ち着いて、軽率な行動や突飛なことをしないように注意しましょう。

久しく連絡の途絶えた友人から突然電話をもらいました。
急いでボイドカレンダーを見て下さい。
もしボイド時間であれば警戒しましょう。
約束をしないようにして何となく電話を切りましょう。
同じ人からまたボイドの時に電話がありました。これは危険です。
相手は極度に情緒不安定の状態にありますからうまく「話しをかわす」ようにしましょう。

大切な装置が故障しました。しかし、修理の技術者はボイド時間帯で修理作業をしました。
ボイド時間帯の時には、修理が成功したように「勘違い」をしますから
かならずボイド時間帯でない時間に再確認の「テスト」をしましょう。

選抜試験で、重要な科目の試験時間がボイド時間帯になりました。
出題の内容の誤りや、出題問題の趣旨を「勘違い」したりしますから、特に注意しましょう。
もしボイド時間帯が終了した後に再度確認ができるのであれば
問題の内容を改めて検討しましょう。


◆ボイドカレンダーその使い方と意味(4)◆

●ボイドはどうして起こるのか?(その1)

占星学では、月が鏡の役割をして惑星が人間に与える影響を反射しているものと考えています。

水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の惑星は
地球と共に太陽の回りをめぐっています。
これらの天体が地球に与える影響は重力ばかりではありません。
今の科学では未だ解明されていない「強大な影響力」が
宇宙のどこからか太陽系に降り注いでいます。
その強大な力は宇宙空間の惑星によって反射され微妙な変化を受けて
さらに月の「鏡」で反射されてから我々の住む地球に伝えられるのです。

現代の宇宙科学理論を支えているものは、観測と測定による
データーを取るために科学者が使用している測定装置は宇宙からの影響力の
「ごく一部のもの」しか捕らえることができません。
それにもかかわらず、科学的に証明できない場合はすべて
「非科学的」であるとレッテルをはられてしまいます。
しかし観測装置が捕らえることができないからといって、宇宙からの影響力を
すべて否定してしまうことはできません。

あくまで疑問点を追及して、それが科学的に否定されるのでなければ
「宇宙からの影響力」(引力以外の影響)の存在を認めざるを得ないでしょう。
(「演習・占星学入門」32ページ参照)

さて、ボイドは宇宙の影響が地上に正しく反映しない時間ですが、占星学では
地球から見た天体と天体の間の角度を計算し
その角度の内で特別なものを「アスペクト」といい
月が同一サイン内を運行中に前途に何らかのアスペクトを作れば
宇宙からの影響力は天体によってコントロールされて無軌道な働きはしません。

ところが月が次のサインに侵入するまでの間、全くどんなアスペクトも作らない時に
月はコントロールの作用を失って無責任になり、その場限りの思い付きや
間違った印象などを重大に考えて、自己チェックの機能が失われてしまうのです。

月の働きが無効になる時間帯は、月がその時に存在しているサイン
(おひつじ、おうし、などの12サイン)を出て次のサインに入る瞬間まで続きます。
ボイドカレンダーに記載されている時刻はボイドが始まる時とボイドが終わる時を示しています。

石川源晃の占星学研究サイト

psd

-ボイドサインがおひつじ(牡羊)のとき-

  <仕事> うまい話しに乗りやすくなる。せっかちになり、
  結論を急ぎがちになる。企画など、よく考慮されないまま、
  具体化される傾向がある。契約など、細部についての検
  討がないまま行なわれ、後で問題が生じやすくなる。物事
  が停滞せず、どんどん進んでしまうが、そのために立ち止
  まって考えることができず、かえって悪い影響が出やすい。

  <人間関係> 他人の気持ちや考えを無視する。
  また自分勝手な行動に出てしまいがちである。

-ボイドサインが おうし(牡牛)のとき-

  <仕事> 確実に利益になる目先のものばかりに
  執着し、将来のことを長い目で見ようとはしなくなる。
  斬新なアイデアも、安全第一とばかりに黙殺してしまう。

  <人間関係> 嫉妬心が強くなり、親しい人の行動まで
  制限したくなる.鬱積(うっせき)している怒りを爆発させたくなる。

-ボイドサインがふたご(双子)のとき-

  <仕事> いろいろな方面からさまざまな情報が入るが、その
  どれを信じていいのかの半断ができにくくなる。新聞や雑誌
  などに出る、企業間係のニュースにまどわされやす
  くなる。特に、株や商品取引などの投機には、充分な注意が必要である。
 
  <人間関係> ラジオやテレビなどの情報に統一性が欠如
  しやすいときなので、人との待ち合わせ場所に行く場合、
  交通情報などが不明確のため勘違いして誤解し、高速道路
  を使ったり、脇道に入ったりするとかえって時間がかかって
  遅刻することが考えられる。また、自分の判断も狂いがちに
  なるので、待ち合わせの場所や時間を間違ったりして、大事
  な相手とのチョットした伝達ミスで、相手に不快感を与え、そ
  れが大きな問題に発展しやすい。

-ボイドサインがかに(蟹)のとき-

  <仕事> 感情面にこだわって、先方の本心が見抜けなく
  なる傾向がある。これまでに何度も一緒に仕事をした間柄
  でも、このVOIDのときには、大事な約束は避けたほうがいい。

  <人間関係> 両親や夫婦など近親者に対して、過剰な愛情を
  期待しがちになる.そのため、些細なことで失望するケースがふえる。
  感情的になりやすく、人と話していても、すぐにヒステリックにな
  りがちである.このVOIDのときには、理論的な話し合いが出来にくくなる.

-ボイドサインがしし(獅子)のとき-

  <仕事> 自信過剰になって、自分の実力以上のことを
  してみたくなる。職場などで、目立とうという意識が強くなる。

  <人間関係> 自分を正当化しすぎる傾向になる。そのため、
  ほかの目立たない人や人間性の大事な部分を無視してしまいやすい。

-ボイドサインがおとめ(乙女)のとき-

  <仕事> 極端に分析的、計画的になり、一見、几帳面
  になったようで、それでいながら、全体を把握することができにくくなる。

  <人間関係> 寛容さがなくなるので、他人の小さなミスや、
  チョットしただらしない態度も許せなくなり自分の方から交際
  範囲を狭くしがちである。

-ボイドサインがてんびん(天秤)のとき-

  <仕事> 表面的な社交に流れ、物事の進展に支障が
  出やすい。ゆきすぎを警戒するあまり、物事の内面を深
  く見ることができない。

  <人間関係> 自分のことをよく知ってもらいたくなって、
  そのように行動するが、相手からは強引な性格のように
  受け取られて、思うようにことが運ばない。

-ボイドサインがさそり(蠍)のとき-

  <仕事> 交渉のさい、一方的な態度が出やすくなる。
  それがもとで、先方からの信用を失いかねない。

  <人間関係> 以前から抱いていた憎悪や好感がいっそう
  強くなって表面化しやすい。また、以前より尾を引いていた
  面倒なことが、形となって表面化しやすい。

-ボイドサインがいて(射手)のとき-

  <仕事> 実現不可能なアイデアが多くなり、それと気づかず
  に活気づくが、ボイド時間が終わると、急速に興味が薄れ、
  結局、時間の無駄だったことに気づく。

  <人間関係> 慎重さが薄れる。そのために相手の本質が見えにくくなる。

-ボイドサインがやぎ(山羊)のとき-

  <仕事> 取り引きで、権力指向的になり、大企業との契約
  を求めるが、不手際が重なって、不利な契約をしてしまう傾
  向がある。取り引きの格が自分より上の場合、決定権をゆ
  だねてしまい、後で不本意な結果を招くことになる。

  <人間関係> 視野が狭くなって自分にしか通じない理屈を
  主張してしまう。そのため、周囲から反感を買いやすい。

-ボイドサインがみずがめ(水瓶)のとき-

  <仕事> 自分のアイデアを素晴しいもののように思いこみ、
  うっかり話してしまって、失敗する傾向がある。

  <人間関係> 通常では思いもよらぬ考えが、次々に湧いて
  くるようになる。しかし、それで常軌を逸した行動に出てしまうことになる。

-ボイドサインがうお(魚)のとき-

  <仕事> 現実的な仕事の話しが少なくなり、夢を追う
  ような傾向が出てきやすい。また周りの環境に左右され
  やすくなる。矛盾した考えが同時に出てきやすく、それで
  いてその不合理に気がつかない。感情に左右されて、
  先方の策にはまりやすくなる。

  <人間関係> 相手の言うことにすぐに感動して、なんとか
  してやりたくなる。ときには、それでだまされることもある。
  感傷的な気分から、会話に嘘が多くなる。その嘘は故意の
  ものではなく、相手をだまそうとするような悪意からではない。
  しかし、結果的に相手を騙(だま)したことになる場合もある
  ので、注意が必要である

石川源晃著 「ボイド占星学」より   

psd

◆ボイドの影響を受けやすいサンサイン◆

ボイドタイムは地球上全員が同時に影響を受けますが
月がどのサインでボイドになるかによって、特に影響を受けやすい人があります。

自分の誕生サンサインで起きるボイドの影響は中位です。
自分が特に強く影響を受けるボイドは誕生サインごとに三つあります。

ムーンボイド1
 
注: サインの変わり目にあたる誕生日は、出生年月日と出生時刻によって
    太陽がどちらのサインに属すか異なりますのでご照会ください。 

ムーンボイド2


psd

◆各ボイドタイムの大衆的特徴◆
 
この傾向に巻き込まれないように

●牡羊のボイド 
衝動的、せっかちになり早く結論を出そうとし、物事が早く進展する傾向ですが
大雑把で細部に注意が向かなくなります。

●牡牛のボイド 
実益に執着し安全第一で目先にとらわれ長期展望を見失いがちです。
独占欲が強まり嫉妬深くなります。 

●双子のボイド 
情報錯綜、判断ミス、コミュニケーション齟齬など間違いが起きやすくなります。
落着きなく移り気、流動性が高まります。 

●蟹のボイド
感情的になり普段は感じないことにも敏感になります。
依存心・防衛心・愛着心が高まり満たされないと
自己憐憫やヒステリックになりやすい。 

●獅子のボイド 
自信過剰や目立ちたがったり実力以上のことをしたり気が大きくなる傾向。
スタンドプレーなどうとまれやすい。 

●乙女のボイド 
木を見て森をみず、細部に拘り大勢を見失いがち。
完ぺき主義、心配性、不寛容、批判性が高まり小うるさくなりやすい。 

●天秤のボイド 
表面的な社交に流れ調子よくなるが偏向を恐れるあまり不徹底になる。
他者との協調を求めるが強引に思われることも。 

●蠍のボイド 
断定的な一方的態度で強圧的になりやすく円満な双方向の交流ができにくい。
独占欲・愛憎・怨念が表面化しやすい。 

●射手のボイド 
名案に思えるが理想主義的で現実に役立たない考えに傾きやすい。
維持より追い求めることに夢中になり慎重さを欠きます。 

●山羊のボイド 
権力志向性が高まり高圧的になるか従属的になるかで失敗しやすい。
合理性優先の冷たさや自分の理屈が強まる。 

●水瓶のボイド 
奇抜な考えや言動が強まり常軌を逸する傾向が強まります。
名案と思ってうっかり話したことが失敗になります。 

●魚のボイド 
夢相的、非現実的な考えや話が多くなり、共感性や同情心が高まり
周囲のムードに流されやすくなります。
騙されやすくなり、逆に結果的に騙したと誤解されることもあるので言動に注意。 

psd

◆ボイドタイムはどのような法則で決まっているのか◆

月は黄道十二宮を周回しています。黄道座標は円座標で0度から360度です。
0度は春分点です。0度から30度刻みで牡羊座、牡牛座……魚座というように
十二星座が割り当てられています。
ただしこれは12に等分割した各セクターにつけられた呼び名であって
実際の星座との位置関係には少々ズレがあります。
だから星座と呼ぶより占星術師はサインと呼ぶのを好みます。
サインは宮とも呼ばれ、白羊宮(牡羊座)、金牛宮(牡牛座)というように
末尾に「宮」をつけた呼び方もされます。

このように黄道座標に十二の星座名を割り当てたものが黄道十二宮です。
太陽は春分の日に黄道座標の0度に来ます。牡羊座の季節の始まりです。
そして一年間かけて黄道を一周するのです。
太陽は一つのサインをほぼ30日で横断します。

春分の日を起点に約90日後、太陽が黄道の90度に来ると蟹座で夏です。
180度なら天秤座で秋分。270度なら山羊座で冬至です。
太陽は1日にほぼ1度進みます。
月は太陽よりもずっと速く進み12~13倍の速さです。
月は平均すると約1ヵ月(約29日)で黄道十二宮を一周します。
月は一つのサインを約2日半で横断します。
ただし月は大変複雑な運動をしていて、運行速度は太陽のように均一ではありません。
一周に要する時間は変動し、変動幅は±3日くらいにもなります。
早く一周するときもあればゆっくり一周するときもあるのです。

ボイドタイムは月が一つのサインの終わりごろに来ると始まります。
各サインの20度~29度あたりにいるときは、ボイドタイムの可能性が高いです。
しかしもっと前から始まることもあり、20度というのもおおまかな目安にすぎません。
そして月が各サインの0度に入った瞬間ボイドは終わります。

ではボイドの開始の時刻はどのように決まるのでしょうか。
これは終了時刻から逆にトレースして行き、月が他の惑星と
アスペクトを作らなくなる時が開始の時間です。 

◆月以外のボイドタイムもある◆

これまで説明した開始と終了の規則を他の天体にも適用することは可能です。
太陽も金星も火星も黄道十二宮をまわっており、サインを横断していきます。
サインの境目を終了時刻、そこから逆トレースして
アスペクトを作らなくなる時刻が開始。
すると太陽のボイドも、金星のボイドもあると見なせます。
しかし月にくらべ他の惑星はとても遅いので、ボイドの期間は
数日から数ヶ月といった長期間のものになってしまいます。
広く活用されているのは月のボイド(ムーンボイド)のみです。 

◆ボイドタイムは正確に決まっている◆

ボイドタイムは天体の位置から決定されます。
月も他の天体もその軌道計算式は高精度なものが作られており
大変正確に予測できます。
天気予報は1ヵ月も先になると予測不可能となりますが
天体位置予報は数十年先まで正確に予測できます。
(百年先二百年先だとだんだん怪しくなってきます。
過去は観測記録とつきあわせ計算式の精度が検証されているので
未来予報よりはずっと正確です)。
「ムーンボイド予報」はずっと未来まで正確に確定しています。

しかし天体位置計算はシミュレーションです。
シミュレーションには想定される前提があります。
未知の要素は計算式に入れようがないわけです。
前提が崩れると、その先の予測は崩れます。
ある日、超楕円道をまわる未知の巨大惑星が回帰してきて
太陽系内の惑星軌道にゆらぎを与えたとか。
そのような事態が、たかだか数十年以内に起きるとは思えないですよね。
絶対無いとはいえないですけど。
逆にいえばそこまでトンデモな事が起きない限り予測通りになるといえます。
どんなに複雑な運動をしていようとも時計のように正確です。

ムーンボイド予報 © 2011 大澤義孝

psd

地球上にはさまざまな星からの影響が降り注いでいます。
その影響を人間も受けているわけです。
月は、その星の影響を反射しています。
ところが月がどの星の影響もうけない時間帯があります。
それがボイドです。

ボイドとは、英語でVOID(無効)と書きます。
英語で、空虚・空白・無駄・無効という意味です。
つまりボイドの時間は、星からのエネルギーが
人間に届かなくなる時間なのです。
天体の位置関係から、月が地球に対して
どんな星の性格をも反射しないときがあり
その時に月の働きが無効になるわけであります。

つまりボイドの時間は、星からのエネルギーが
人間に届かなくなる時間です。

これがボイドという現象であって
Void of Course of the Moon「月の働きが今以降は無効になる」
この時間帯をボイドタイムといいます。
月はいろいろな角度で太陽や惑星の性格を反射し、それが絶えず
微妙に変化しているために、人間の心の働きにも微妙な変化を与えて
また影響を与えられることで人間の心はバランスをとっているのです。

この時間帯には、一般的に人間の感覚が敏感になり
想像力が活発化するのです。
それでいながら、この時間帯に決断したこと
あるいは開始した行動などが予想外の結果を招いてしまうことが多いのです。
ボイドが発生したときには、その時間、その場所にいる
すべての人に対してボイドの影響がおよびます。

0cb90af9-s

常にボイド時間の時間をチェックして
大切なことはボイドの時間には始めないように気をつけましょう。
ボイドタイムとは運行中の月が他の星と座相を形成したあと
次の星座に入るまでの時間帯です。
この時間帯に下した決定は無効になる、着手した事が無効になる
判断基準がずれてしまうと言われています。 
交渉事などはなるべくさけましょう。調子が落ちたら
なるべくボイドが去るまで雑用や単純作業に時間をあてましょう。

「魔の時間」月のボイド時間帯 

月のボイド時間帯とは、動いていく月が一つの星座を通過するとき
次の星座に入るまで太陽を含む他の惑星に対して
メジャー・アスペクト(角度)を作らなくなった時間帯をいいます。
この時間にはものごとを新たに始めたり
契約や交渉ごとをするのは避けたほうが良いといわれています。

何を言っても誤解されてしまう。連絡したはずが伝わっていない。
道に迷って目的地へなかなか行き着けない。
会議でだらだらと時間ばかりかかって決着がつかない。
……そんな時、月のボイド時間帯であることが多いのです。

このことを指摘したのは、17世紀のイギリスの占星学者ウィリアム・リリーです。

月と他の惑星がアスペクトを作らなかった時に
占者と占われる側との意思の疎通が非常に悪くなると指摘し
この特別な時間を「魔の時間」
(Void of Course of the Moon)と呼びました。

o0158009610263809774

日本の占星学者、石川源晃氏が特に情報伝達の誤りの部分に着目。
「ボイド占星学」を展開しています。

著書『辞典・占星学入門』のなかで
「ボイド時間帯に発生する事件では、発生原因を追及することが
困難になるという法則」と定義しています。

「魔の時間」といっても特に恐れることはなく
ふだん通りに過ごしていていいのですが、新たに何か計画したり
長丁場になるようなことを始めたり、枢要な問題についての会議をしたり
重要なことを決断したりするのはなるべく避けたほうがいいということです。

むしろ、長引かせたい問題、すぐに結論を出したくないこと
白紙に戻したいこと……例えば別れたくない相手との別れ話や
結論を先延ばしにしたい話し合いなどは
あえてこの時間を狙う、というのも手かもしれません。

情緒が不安定になったり、ぼんやりして思考能力や集中力が落ちたり
妙な考えに心を奪われたりといった、精神面で影響がでるような気がします。
『The Moon & Everyday Living』(Daniel Pharr)では
月の影響がはっきりと理解できなくなるため
瞑想もやめたほうがいいとしていますが
なにかこたえを見いだすための瞑想は効果がないかもしませんが
心を落ち着けるためならむしろよいのではないかと思います。


このページのトップヘ