psd

◆新月の願い事とボイドタイム

ボイドタイムの時に願い事はどうしたらいいか・・・

ボイドと呼ばれる時間は意外と多く
パワーが強力な新月の願い事時間と重なることもあります。
気にしなくてもいいのではないか?という声もありますが
実際に記録などを取ったりした結果、影響を受けると考える方もおられます。

ただ、すべてのボイドタイムを避けるとなると
願い事をする時間がとても短くなりますし
日によっては、パワーが強力な願い事タイム全てに
ボイドタイムが重なってしまっているということもあります。
そうなると、パワータイムに新月の願い事ができないとなってしまいます。 

そんな時、こんなやり方もあるという一例をご紹介します。

535594e1


・自分に関係の深い要注意ボイド
・そうではない普通のボイドの二つに分けます。

おすすめする願い事タイムは「要注意ボイドを外した」願い事タイム。
※要注意ボイドとは・・・自分にとって影響のあるボイドタイムです。
(人によって要注意ボイドは異なります。)

とはいっても、自分の要注意ボイドがわからない方も多いと思いますので
そういう場合は「ボイドタイムを避けて願い事をする」ということ。
ただし、要注意ボイドがその時の月の星座ではない人は
ボイドを気にせず願い事をしてもOK。
要注意ボイドがわからない方、そして月の星座が要注意ボイドの方だけ
ボイドタイムを避けて願い事をしてみて下さい。


535594e1


そしてもうひとつ・・・
こちらはライターで星読みの石井ゆかりさんのメルマガより

私は、願い事やおまじないのような分野には全然詳しくないので
「どうすべきか」ということは、私には解らないのです、申し訳ないです。
ただ、新月の日は「スタート」のタイミングとされているので、
そのタイミングに願い事をする、というのはぴったりのイメージですね。

新月というのは
「月が太陽と同じ方角に位置して、見えなくなってしまう」現象です。
新月がおわるとすぐに月が見えるようになる、ということではなく、
初めて空にちゃんと姿を現すのは「三日月」、
つまり新月から3日後くらいなのです。
新月は昔から、月が一度死んで再生するような時間と捉えられています。
それは「見えなくなる」からです。
古い伝承の中には、この針のように細い三日月を
「生まれたばかりの月」として、この月を見上げて願い事をする、
というふうなものもあるようです。

どこにも見えなくなった月を心の中に見つめながらお祈りするのも、
生まれたばかりの初々しい月を見上げてお祈りするのも
どちらも、とてもロマンティックだなと思います。

もし新月を時間の始まりと見なし、
新しい時間に向けてお願い事をするとするなら、
もし私であれば、月が見えないあいだ、
つまり三日月が見えるまでのあいだは、
お願い事に適していると考えることもできるんじゃないかと思います。

また、月のボイドタイムは星占いの世界で
「その時に心配していることには意味がない、無効」
「風船の紐が切れたような時間帯」とされます。
ですから、たとえば、その時間の願い事は、
「ふわりと心にに浮かんだこと」
を願う、とか、そんなふうにしたらどうかと思います。
というのも、ボイドタイムに「計画通りの買い物」をすると
あとであまり使うことにならなかったりするけれど
ボイドタイムに「思いつきで衝動買い」をすると、
けっこう、使い込むことになる
みたいなこともあったりするからです。

とはいえ、あくまでこれは私が
「私だったらそんな風に楽しむだろうな」と思ったことで、
特に「きまりごと」などではないです。
お祈りや願い事のやり方を、
自分の心の中にイマジネーションを描きながら
自分で作って行くのも、楽しいものだとおもいます。
「こうしなければならない」とか
「これは効力があり、これは効力が失われる」
などという「ルール」にしばられてしまうと、
そのおまじないはなんだか、呪いのようになってしまい、
人の心をおびやかすことになるのではないでしょうか。
一方、美しいジンクスや儀式をゆたかに創造することで、
生活に弾みやきらめきが出てくるなら
こんなに素敵なことはないと思います! 

ボイドタイムは避けたいという方、気にしない方・・・様々だと思いますが
それぞれの生活パターンに合わせて無理なく続けられると良いのですが
色々と試してみると、ご自分が納得できるやり方がみえてくるかもしれません。
大切なことは、新月に願い事をして心を豊かにしたい…
自分の想いと向き合いながらより良い自分になりたい…
という気持ちなのですから。

535594e1
 
◆ボイドの時間

ボイドタイムについては、算出方法も何通りかあり
どれを採用するかによってボイドになる時間が違います。

月の運行には幅があり、人によりボイドタイムとする時間に数分のズレがみられます。
新月の時間帯やボイドタイムは海外・日本、その他
調べるものによって微妙に違うようです。

私自身も、参考にしている手帳や資料・サイトがいくつかありますが
時差が異なる地域では補正が必要だったり、誤差があることに気づきます。

ボイドタイムをどう使うべきか、と迷ったときに色々な考え方があると思うのですが
やはり基本的には「気にし過ぎない」「左右され過ぎない」ということでしょうか。
しょっちゅう起きるボイドタイムですから、そのたびに考え過ぎていては
やっていられない・・・ということになります。
大体の時間がわかればいい、でもちょっと気にして過ごしてみる…
くらいが長続きさせるコツかもしれません。
それでもボイドが気になるようなら避ける方がいいですね。

ご自分にとって一番しっくりくる方法でされるのが良いと思います。
単にボイドタイムを避けてアファメーションするだけでなく
ボイドタイムが教えてくれるメッセージにも意識を向けながら
むしろ願い事が叶うことだけを考えて
楽しみにして過ごすことの方が大切なのかもしれません。
数分のズレなので、心配な方は、前後に少し余裕を持ち
5分ほど過ぎてから書くようにするといいかもしれません。